ショートステイについて

ふるさとの特徴

ふるさとは「認知症」の方を
専門としたショートステイです。

ふさるさとは認知症の方を専門とした
ショートステイを運営しています。
「認知症専門」のため、例えばこれまで、
認知症を理由に施設への入所をお断りされた方や
認知症でショートステイの利用が困難だと
お考えの方々に、安心してご利用いただけます。
認知症に対する豊富な知識を持った
スタッフがお手伝いすることで、認知症の方を手厚く介護することができます。
認知症のプロでありつづけるために、
年に6回認知症の最先端の研究を行うドクターを招いて定期的に研修を受けています。

一人ひとりのリズムにあわせて
ゆっくりご自宅にいるように
お過ごしいただけます。

朝はゆったりとその人のペースで
起床していただき、朝食をとります。
お風呂に入る方は、入浴しながら
昼食までの時間を過ごしていただき、
昼食は利用者の皆様が揃ってお召し上がりいただきます。

昼食後に、レクリエーションの時間となります。
様々なレクリエーションをお楽しみいただき、
15時から16時くらいの時間帯でおやつを召し上がっていただきます。

夕食については、開始時間も含めて、
それぞれのペースで召し上がっていただきます。

就寝時間についても夕食と同じように、一人ひとりのペースにあわせて、
早く寝たい方は早くご就寝いただき、
ゆっくりと夜を過ごしたい方は、ご自由にお寛ぎいただけます。

ご家族がお送りいただいた際は、「行くのが嬉しい」
またお迎えの際は、「帰るのが名残惜しい」と皆様に思っていただける
そんなショートステイにしたいと考えています。

利用時の表情をご覧いただき、ご家族様に少しでも
安心をお届けできればと思います。